カフェ開業塾

10年、20年と続くカフェを開くために。

カフェ開業で失敗しない!常連客を作る魅力的なオファーとは?

time 2016/07/25

カフェ開業で失敗しない!常連客を作る魅力的なオファーとは?

sponsor link

 

管理人のほーりーです。

今日は常連客を作るための戦略についてお話をします。

常連客は繰り返しお店に訪れてくれるだけでは無く、新たなお客さんを連れて来てくれる可能性がとても高いです。

一度訪れたお客さんに常連客になって貰うためには、どのようなカフェになれば良いでしょうか?

今回はその秘策をお届けします。

 

魅力的なオファーを提供し、確実に情報を届ける

 

その方法はズバリ、見出しの通りです。

 

「魅力的なオファーを提供し、確実に情報を届ける」

 

魅力的なオファーとはなんでしょうか?

そしてそれを確実に届けるとは?

 

分かるようで分からないこのセリフですが、「オファー」それを「届ける」ということについてそれぞれお話していきたいと思います。

 

魅力的なオファーとはなにか?

 

オファーとは、直訳すれば提案という意味になります。

つまり、お客さんに魅力的な提案をするのです。

 

身近な提案の例で言えば、

ガソリンスタンドで、「現金2000円以上給油のお客様にはティッシュ1箱プレゼント!」なんていう提案は良く目にします。

その他には、「CDの英語教材を1ヶ月間試して、納得できなければ全額返金します!」などのオファーもあります。

 

なんとなくイメージが掴めたでしょうか?

 

そして、お客さんを惹きつけるオファーと、そうでないオファーがあるのも事実です。

ただなんとなくオファーを出せば良いというものではありません。

 

オファーを出す上で最も大切なことは、「誰にそのオファーを出すのか」ということです。

 

「そのオファーは誰に向けて出しているのか?」という問いに、「地域の人全員」では良くないです。

 

魅力的なオファーとは、ある特定の誰かに強烈に響くようなオファーのことです。

それは、全員に強烈に響くオファーはあり得ないからです。

 

ひとつ例を挙げましょう。

 

新しくオープンしたネットカフェがあるとします。

「オープン後、1週間以内に来店された方には、もれなく人気アイドルの限定カードをプレゼント!」

こんなオファーがあれば、アイドルに全く興味が無い人達にとっては特に大したオファーにはなりません。

しかし、アイドルのファンの方には強烈なオファーとなり来店して貰える可能性が上がります。

 

「誰に向けてオファーを出したのか?」と問われれば、「アイドルのファンを意識したオファー」ということになります。

 

 

カフェ経営でのオファーの例

sponsor link

 

これをカフェ経営に当てはめてみます。

これも、明確に誰へオファーを出すのかを十分に意識します。

例えばこんな感じです。

 

「バレンタインデーより1週間以内にカップルで来店されたお客様には、もれなくチョコレートケーキをプレゼント致します。」

 

「平日の昼に女性2人以上で来店されたお客様には、もれなくデザートを1品サービス致します。」

 

「当店オススメのコーヒーをご注文されたお客様には、もれなく美味しいコーヒーの淹れ方を記したしおりを無料でプレゼントします」

 

 

相手を明確に絞った提案を受けると、ターゲットになったお客さんには特別感がもたらされ、感情が刺激されます。

こういうオファーを定期的に発信していくことで、地域の人に愛されるカフェへと近づいていけるようになるのです。

 

オススメとしては、各行事イベント(クリスマス、バレンタイン、ひな祭り)といった期間には、オファーも出しやすいでしょう。

 

オファーを確実に届ける

 

次は、魅力的なオファーを「届ける」視点に立ってお話をしてみます。

せっかく「ある人」には魅力的に思えるオファーが出せても、それを「ある人」に届けられなければ意味がありません。

 

届ける方法としては、二つが考えられます。

  1. 情報を書いたチラシを手渡しする。
  2. メディアを活用する。

 

1.に関しては、ピンポイントに情報を届けられる確率は上がります。

届ける際には、いかにその人にピンポイントに情報が届くかが非常に大切です。

しかしこの場合、来店してくれたお客様から厳選して情報を届けるため、周知力という点では弱くなります。

 

2.に関しては、どのメディアを活用するのかが非常に重要になります。

「誰」を意識するかによって、使用するメディアの種類も選定することが大切になります。

 

例えば、「主婦」をターゲットにするのであれば、主婦が良く目にするメディアを利用します。

個人経営のカフェでは広告費も限られますが、オススメは地域にある情報誌です。

 

最近では地域の出版社が独自に発行するフリーペーパー形式の情報誌が数多く見られるようになり、種類も豊富になっています。

その中から、ターゲットが実際に目を通している情報誌を調査して、そこに広告を載せるのです。

もちろん、広告には魅力的なオファーも一緒に載せます。

 

また、世代によって利用しているSNSにも違いがあります。

その世代、その人がどのSNSをよく利用するのかを調査して、SNS上に広告を出すのもひとつです。

 

もうひとつは、メールマガジンです。

来店してくれたお客さんへ、メールマガジンの提案をして了承が得られれば、メールマガジンで情報を配信するのも効果的です。

特にメールはかなりピンポイントで広告のターゲットを絞れるため、活用できればかなりの武器になることは間違いないでしょう。

 

まとめ

それでは本日のまとめです。

 

常連客を増やして、愛されるカフェになるためのポイント

  • 魅力的なオファーを提案していく。
  • オファーは「誰に」向けてのものなのかを意識して出す。
  • オファーを確実に届けるためには、相手がどのようなメディアを良く使うのかを調査して広告を出す。

 

これらのポイントを意識して、愛されるカフェを作っていきましょう!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

sponsor link

down

コメントする