カフェ開業塾

10年、20年と続くカフェを開くために。

コーヒーの効果は痩せる?太る?正しい効果を得るための飲み方とは?

time 2016/08/01

コーヒーの効果は痩せる?太る?正しい効果を得るための飲み方とは?

sponsored link

 

管理人のほーりーです。

コーヒーって様々な良い効果があるって言われています。

嬉しい効果のまとめと、飲み方のポイントを書いてみました。

 

効果1 :ダイエット効果

 

最近話題にもなった、「コーヒーを飲むと痩せる」という嬉しい効果です。

飲み方のポイント

  • 時間帯:運動の20~30分前
  • 飲み方:「ブラック」+「ホット」

 

ポイントは上の2つです。

飲むだけで痩せるわけではありませんが、飲んで運動するとその効果は絶大です!

コーヒーの成分であるクロロゲン酸が脂肪の燃焼に一役買っているので、飲んでから運動すればより脂肪の燃焼を助けてくれます。

そして、コーヒーは交感神経を刺激して食欲を抑えてくれる働きがあるため、「つい食べ過ぎてしまう!」という場合にもダイエット効果に繋がります。

 

よりコーヒーの成分を吸収しやすい「ブラック」、体温を上げて代謝を高めてくれる「ホット」の組み合わせで飲みましょう!

 

効果2:老化防止

 

次は、特に女性には嬉しい老化防止効果です!

コーヒーの成分、クロロゲン酸は老化防止に有効なポリフェノール成分です。

飲み方のポイント

  • ミルクを入れてもOK!
  • 砂糖は老化促進作用があるため控える。
  • 2~3杯飲む!それ以上でも以下でもNG

 

飲み方のポイントとして、砂糖は老化促進作用があるので控えましょう。

量として、ポリフェノールは1日に約1000mg摂ることが推奨されています。

コーヒー1杯(150cc)には、約300mgのポリフェノールが含まれるため、3杯を目安に飲みます。

ポリフェノールはすぐに体外に排出されてしまうので、毎日摂ることが秘訣です!

sponsored link

効果3:二日酔い(頭痛)

 

ついつい飲み過ぎた翌朝の二日酔いは憂鬱ですよね・・・。

コーヒーは二日酔いの頭痛に効果があります。

飲み方のポイント

  • タイミング:朝に二日酔いの頭痛を感じたら。
  • 飲み方:ブラックはNG。砂糖やミルクを入れる。
  • 量:1杯程度

 

コーヒーは「ウコンの力」などとは違い、二日酔いになったら飲みます。

飲み方に注意が必要で、胃腸などが荒れている場合はブラックだと刺激が強すぎるので、砂糖やミルクを入れ、量は1杯程度に抑えます。

二日酔いで拡張した脳の血管を元に戻し、利尿作用でアルコールの排泄を助けてくれます。

 

効果4:精神安定

 

コーヒーの香りや成分には精神安定効果があります。

イライラした時や疲れた時は、ゆっくりと匂いも楽しみながらコーヒーを飲みましょう!

 

飲み方のポイント

  • 飲む量が大切。250cc(カップ1杯半)を目安に。

精神安定作用を得たい時には、飲む量が最も大切です。

コーヒーの成分「カフェイン」は、約150mg摂取することで精神安定作用を得られるそうです。

それ以上飲むと、逆に不安感を引き起こしますのでご注意を。

 

効果5:コーヒーナップ

これは聞き慣れない言葉かもしれません。

コーヒーナップとは、昼寝をする前にコーヒーを飲んで寝ることだそうです。

飲み方のポイント

  • 短時間の昼寝の直前に飲む。

「カフェイン」は摂取後約20~30分で効果が表れ始めます。

これを昼寝の前に摂取することで、すっきりと昼寝から目覚めることが出来ます。

短時間の昼寝はその後の作業効率アップに効果絶大なので、是非コーヒーナップも試してみてくださいね!

 

コーヒーの効果まとめ

以上、特に嬉しいコーヒーの効果を5つまとめてみました。

それぞれの効果を正しく得るためには、どの目的で飲むかを考えて、正しい量や飲み方で飲むことが大切です。

正しく飲んで、優雅なコーヒーライフを満喫しましょう!

sponsored link

down

コメントする