カフェ開業塾

10年、20年と続くカフェを開くために。

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノの違いは?カフェイン量にも差がある?

time 2016/08/17

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノの違いは?カフェイン量にも差がある?

sponsored link

管理人のほーりーです。

今回は、カフェのメニューでよく見かける「カフェオレ」「カフェラテ」「カプチーノ」などの違いについて解説していきます。

また、含まれているカフェイン量やカフェインがどの程度体に作用するのかも異なってくるようです。こちらについても解説していきたいと思います。

コーヒー系ドリンクの種類

エスプレッソ(espresso

4524785000346_1

出典:www.starbucks.co.jp

  • 定義は?

エスプレッソとは、とても細かく挽いた深煎りコーヒー豆を専用の機械で高圧をかけて抽出した飲み物です。

  • 味やおすすめシーンは?

短時間でコーヒーのうまみ成分だけを抽出するので、味の特徴はとても濃厚でコーヒー本来のコクや苦味、酸味や甘みを感じることが出来ます。

通常提供されるドリップ式のコーヒーでは味わえない、コーヒー豆本来の濃厚で味わい深い味や香りを楽しみたい方におすすめです。

 

カフェや喫茶店では小さいカップで提供され、別名”デミタス”とも呼ばれます。

カフェでのドリンクメニューの基本ともいえる飲み物です。

カフェアメリカーノ(cafe americano)

images

出典:zatugakunoeki.com

  • 定義は?

カフェアメリカーノ(アメリカン)はエスプレッソにお湯を注いだ飲み物です。

カフェアメリカーノ=エスプレッソ(20%)+お湯(80%)

  • 味やおすすめシーンは?

よく「アメリカンは薄いコーヒー」と言われることがありますが、元々濃いエスプレッソを薄めているので意味がちょっと異なります。基本的に、通常のドリップコーヒーとエスプレッソでは味の濃さや風味、香ばしさが異なるので別と捉えておくと良いでしょう。

エスプレッソのような香ばしい風味は好きだけれど、エスプレッソだけで飲むのは苦手という方におすすめです!

カフェオレ(Cafe au lait

ダウンロード

出典:welq.jp

  • 定義は?

カフェオレは、濃いめのコーヒーと同量の牛乳を注いで作られたものです。

カフェオレ=濃いコーヒー(50%):牛乳(50%)

  • 味やおすすめシーンは?

カフェオレは、ドリップコーヒーと牛乳が半分ずつ注がれているため、コーヒー本来の味も感じ、牛乳のまろやかさも感じることが出来ます。甘くしたい場合には、ガムシロップではなく砂糖を使用して調節します。

また牛乳が加えられているため、胃への刺激も和らぎ空腹時でも飲みやすい飲み物です。

カフェラテ(Latte)

カフェラテ

出典:www.danish-cafe.com

  • 定義は?

カフェラテは、エスプレッソに多めのスチームミルクを注いで作られた飲み物です。カフェオレとの違いは、エスプレッソを使用していることと、ミルクの割合が違う点です。

カフェラテ=エスプレッソ(20~30%):スチームミルク(70~80%)

※スチームドミルクとは? 蒸気で温めた、温かい牛乳のこと

  • 味やおすすめシーンは?

カフェラテはスチームドミルクが多めに加えられているため、ミルクの風味をより感じてまろやかな味が特徴です。ただ、濃厚な味のエスプレッソが使われているためコーヒー豆の香ばしさや香りを感じることが出来ます。

ちょっぴりビターでミルキーな飲み物を飲みたいときにはおススメです!

カプチーノ(cappuccino)

images (1)

出典:coffeemecca.jp

  • 定義は?

カプチーノは、エスプレッソにフォームドミルクとスチームドミルクが注がれた飲み物です。

カプチーノ=エスプレッソ(30%)+フォームドミルク(40%)+スチームドミルク(30%)

フォームドミルクは、フォーマー等で泡立てたミルク(牛乳)の事を言い、空気を多く含むのでフワフワしており、ボリュームが有ります。

引用:http://www.coffee-meijin.com/

〈フォームドミルクのイメージ図〉

M3dotaQW

出典 monostudio.jp

  • 味やおすすめシーンは?

カプチーノは味のバランス的にはカフェラテと似ていますが、フォームドミルクがたくさん使われているため食感としてはフォームドミルクが”ふわ~”っと口の中全体に広がります。

飲んでほっとする、ちょっぴり楽しくなる飲み物です!

カフェモカ(Caffe Mocha

rankingshare-5abc50f0b40311e4869406e0b9b52e4ff2cdcef4fa2add3ff1

出典:www.rankingshare.jp

  • 定義は?

カフェモカは、エスプレッソにスチームミルクを多めに加え、さらにチョコレートシロップ(モカシロップ)を加えた飲み物です。

カフェモカ=エスプレッソ(20%)+スチームミルク(70%)+チョコレートシロップ(10%)

  • 味やおすすめシーンは?

カフェモカの最大の特徴は、甘いチョコレートシロップ。チョコレートシロップとミルクの組み合わせに、香ばしいエスプレッソの味が加わります。

例えるなら、ミルキーなビターチョコレートという感じです。甘いけれど、ちょっぴり大人な飲み物を飲みたい方におススメです。

カフェマキアート(Caffè macchiato

Macchiato_as_being_served_at_Kaffebrenneriet_Torshov,_Oslo,_Norway_2_600x600_100KB

出典:ja.wikipedia.org

  • 定義は?

カフェマキアートは、エスプレッソにスチームミルクを注いだ飲み物。ここまではカフェラテと同じですが、マキアートはエスプレッソが多めの構成になります。見た目の色も少し濃くなります。

カフェマキアート=エスプレッソ(60%)+スチームミルク(40%)

  • 味やおすすめシーンは?

カフェマキアートは、エスプレッソが多いためコーヒーの香りや香ばしさも感じられ、口当たりも飲みやすく仕上がります。

「エスプレッソは味が濃くて苦手だけど、エスプレッソの風味を感じたい!」

という方にはとてもおススメです。

フラペチーノ(Frappuccino

4524785165731_1

出典:www.starbucks.co.jp

  • 定義は?

フラペチーノとは、スターバックスで販売されているドリンクの一つです。本来はコーヒーにクリームやミルクを加え、氷と一緒にミキサーなどで粉々に砕いた飲み物のことを指します。しかし、最近ではコーヒーの代わりに果物を使用することも多いです。

  • 味やおすすめシーンは?

氷を砕いて使用しているため、ひんやりとした冷感が欲しいときにおすすめで、多少甘さが強くてもすっきりと飲むことが出来ます。また、フルーツを使用したフラペチーノは果汁感をすっきりと楽しめるため、暑い日には特におすすめです。

ちなみにフラペチーノとはもともとあった飲み物の種類ではなく、フラッペ(氷を細かく砕いてシロップをかけたもの)とカプチーノから造った造語です。

sponsored link

種類別のカフェイン量は?

 

それでは、それぞれのドリンク間でのカフェイン量を比較してみます。

お店によってドリンクの構成も異なりますが、参考としてみてください。下に行くほどカフェイン量が多くなります。

<カフェイン量少ない>

カフェラテ・カフェモカ・カフェアメリカーノ

カプチーノ

カフェオレ

カフェマキアート

エスプレッソ

ドリップコーヒー

<カフェイン量多い>

 

一般的なカフェで出されるカップサイズを考慮すると、一杯で摂取するカフェイン量はこのような大小関係になります。

ドリップコーヒーとエスプレッソを同じ量で比べればエスプレッソの方がカフェイン量は多くなりますが、カフェで出されるエスプレッソは小さいカップで出されるのが通常なのでこのような関係になります。

また、同時にミルクを摂取することでカフェインの体への吸収速度がゆっくりになる効果があります。

短時間で一気にカフェインを取ると体への影響も心配されるので、カフェインが苦手な方はミルク入りの飲み物が良いですよ!

 

カフェインはメリットもありますが、摂取しすぎや妊婦さん、カフェインに弱い人が摂ると体に悪影響を及ぼすので注意してくださいね!

 

カフェインについては、こちらの記事でも取り上げていますので参考にしてみてください。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

コーヒー系のドリンクはとても種類が多くて分からなくなってしまいますよね。基本的にはミルクの種類や構成する割合の違いなので、ぜひ参考にしてみてください。

また、カフェインの量や吸収の違いなども把握しておくと、体への影響が出ずに済みますのでこちらも気を付けてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

sponsored link

down

コメントする